勿論、幸せになりたい。

想い想われマンドリル

世界で一番可哀想なのは私です。(結婚式の話その2)

という立場に立って書いたのがこの記事です。

 

結婚式やってよかったでしょ?と言われて夫に殺意を抱いた話 - 勿論、幸せになりたい。

 

当時は実際にそのような心境でした。

自分のキャパを超えた事態(しかも悩んだところでどうにもならないことが決定している)にどんどん視野狭窄になり、「私がこんなに辛いのに夫は○○」という分厚いフィルターがかかっていたように思います。一挙手一投足に落胆しました。

 

その経験を今まで人に話すことなくずーっと一人で持ってたんですが、今回ホットな話題の尻馬に乗ったおかげで思いがけずたくさんの人の目に触れる結果となり、大変溜飲が下がりました。

「あなた可哀想ね」と言われるのはプライドに障りますが、「これはひどい」と言われるのは気持ちいい。

出来事及び加害者(?)の方に関心が寄せられているように感じるからでしょうか。

女は共感の生き物と言いますので、超アドレナリン出ました。

ありがとうございました。

 

 

夫は確かに想像力の足りない人です。そして無邪気。

この頃の夫は夫親族や今まで関わった人々から得た数少ない「女性」のデータを一般化し、私にも当てはまるものと無条件に信じているきらいがありました。(現在リハビリ中)

ブコメに「地獄への道は善意で舗装されている」と書いてる方がいらっしゃいましたが、ある面ではそれも事実かと思います。

夫の母・姉は「結婚式は女性の夢!」というタイプで、かつ夫はちょっといいお家(当社比)の長男です。

初めて夫両親にお会いした時、毒親が万が一にも金の無心をすることのないようにしなければ、と反射的に思いました。

夫はそういう「問題のない家庭」で育ったのん気な人です。

 

 

夫を善人だと思う理由はたくさんありますが、ここまでの記事では一つも書きませんでした。これはもう少し素敵な話題の時にしたいと思います。

多分そのうちきっとハートフルなやつを書く予定です。

 

それと同じく、ここまでの記事で私の非についても書いてきませんでした。

何故結婚式をやったのか、その経緯について色々疑問もおありだと思いますが、最終的には私がそれを了解したからです。

 

子供の頃から私にはひとつ、どうしても譲れないこだわりがありました。

それは自分の家庭環境を他人に知られたくないということです。

こんな親兄弟を持って恥ずかしいという気持ちももちろんありますが、何よりも「自分が親にも愛されない存在である」ということを他人に知られるのがどうしても嫌でした。

これは、私のなけなしの自尊心のようなものだと思います。

昔からそれが原因で色々な不都合を抱え込み、その度に人間関係を放棄してきました。

今も連絡のとれる学生時代の友人というのは、私にはいません。

 

そして同様に夫にもこの事実を知られたくないと思っていました。

今考えれば結婚するのにそんなこと到底無理な話なんですけど、あまり人を疑わない夫につけ込んで、適当にごまかしながら何とか体面を保ちたいと思っていました。

結婚式を挙げる当日の私は、この期に及んでそう思っていたんです。

本当に、浅はかですね。

 

私は実家から遠くに住んでおり、そこで夫と知り合いました。

毒親兄弟は普段私に全く興味がないので、夫と私の両親が直接顔を合わせたのは事前の顔合わせと結婚式、この2回のみです。

ごくたまに私個人に連絡が来ることはありますが、うちの両親は夫とも夫両親とも直接連絡を取ることはできません。

したがって、私はこの2回を乗り切れば問題なく結婚できるのではないかと思いました。

この考えが馬鹿げていることは今はよくわかっています。

 

もともと夫と付き合っている最中(結婚の話が具体的になるまで)には自分の家族の話は一切しませんでした。

これは普段から誰に対してもそうで、一般論と相槌・同意で適当に乗り切っています。

結婚の話が出てから家族と上手くいっていないこと・長く実家に帰っていないこと・今後も関係を修復するつもりがないことを伝えました。

しかし、私と親兄弟がどんな間柄かを正確に把握するだけの情報は与えませんでした。

夫は結婚式当日にも、私と親兄弟は「常識的な大人同士が仲違いをしている」状況だと思っていました。

お互いに主義主張があるのだから、無理に仲良くする必要はないね、という程度の認識です。

つまり、家庭環境を他人に知られたくないという私のエゴにおいて、夫は始めから外部の人間でした。

その結果、結婚式を行うことやその規模に関して上手く(私の望むように)調整がつけられず、私は夫に理不尽な殺意を感じていたわけです。

この件に関しては、ひとえに私の自業自得です。

 

 

十代の頃、小林秀雄のエッセイがとても素敵だったので、彼が訳した地獄の季節という詩集を読みました。

正直芸術的過ぎて大局的な意味は全くわからなかったんですが、その中に

 

泣きながら、俺は黄金を見たが、―飲む術はなかった。

 

という一文がありまして、親兄弟のことを考える時、これが不意に頭を過ぎることがあります。

 感覚的な話なのでポエムみたいになってしまって恐縮なんですが、この文が才能について書かれたものであるという解説をどこかで見たときに、自分の中ですんなりと腑に落ちて、私は生来愛される才能がないんだなと思いました。

ずっと私以外の血管には黄金が流れていると思っていました。

そして、私の血液がそうでないことも、泣いていることも、夫にすら絶対に知られたくないと思っていたんです。それが、上等な人間の条件だと。

 

 

夫のことは確かに好きです。

でも、私は結婚がしたかったのではなく、結婚することで「愛される実績のある自分」が欲しかったのではないかとか、色々考えることがあります。

それでも、結婚して夫に全部ぶちまけた今が一番安定していることは事実です。

 

地獄の季節を読んだ頃、「朝から世界の終わりのような顔をして登校するのはやめなさい」と毎日担任に言われていた私ですが、今日は明日もいい日かなーとかのん気に考えています。

夫が帰りに牛乳プリンを買って来てくれることが今日の楽しみです。

 

今後もほそぼそと呪詛を吐いて生きていきたいと思います。

 

 

 

 

 

弁明など

ブログを始めたのは暇が出来たからと、夫との関係が安定してきたから。

はてなを選んだ理由は周囲に使ってる人がいないから。(元々はてブは使ってましたが)

毎回セルクマしてる理由は何日ぐらいではてなから女子として捕捉されるのかが知りたかったので。

まだ野放しのままです。いえーい

あと今日はてブ見たら「ガールズ」などという新カテゴリが出来てて驚きました。

男性が書いたと思しき記事もありましたが何がガールズなんでしょうか。

ガールズが好みそうなものにまつわる記事?

少なくとも私はお砂糖とスパイスと素敵なものでできていない方の女なのであんまりガールズには関係なさそうです。

20代も後半に入り女子を名乗るのも躊躇われる年齢ですが、はてな女子はキャピキャピ感皆無で何かちょっといいですよね。

全体的に手強そう。

喧嘩する時に図解しそう。

メールで言い争いになったらすかさずスクショ出してきそう。

はてな女子VSはてな関連を何も見たことがない男子、これ数秒ではてな女子が勝ちそうですね。瞬殺ですね。

泣いてもさらに追い詰めますね。

ついでにはてなで顛末を晒してみんなで笑いますよね。(偏見です)

最近CMで「立ちっぱなし女子」とか言っててもう何でもありだな、生きてる系女子だな、とか思ってましたが、はてな女子はこの分類一つでかなり人となりがわかるので大変有意義だと思います。

結婚式やってよかったでしょ?と言われて夫に殺意を抱いた話

家庭環境の悪い人間にとって結婚式は地獄である。

 

夫に結婚しようと言われた際、「結婚式をしなくてもいいなら結婚する」と答えました。

夫はそれを了承し、親族で食事会をする程度に納めようと言ってくれました。

正直食事会も嫌でしたが、そこまでいくと夫や夫親族にも申し訳ないし、うちの両親は外面だけは良いので(毒親にありがちな傾向)何とかなるだろうと思ってました。

写真ぐらいは撮ってもいいかな~とブスなりにうきうき。

他人に見せないならウェディングドレスも記念だし!と。

これは決定的なプロポーズよりもかなり前の話で、「一応ちゃんとプロポーズしておこうと思って」と言われたその日、私は当然結婚式をしない前提でこの話が進んでいるものと思い、すんなり受けてしまいました。

 

しかし、結局結婚式は行われ、当日の私の心情は惨憺たるものでした。

(準備期間の半年ほどもずっとそうでしたけど。)

人生最悪の日を決めるなら、骨を折られたことや大学から突然除籍通知が来たことと並んで上位5つぐらいには入ると思う。(他の話はまたの機会に)

 

 

夫は私がプロポーズを受けた後、初めて夫両親に「結婚しようと思うんだけど…」という話をしたそうです。(遅い)

そこで夫両親にどうしても結婚式をやってほしい、お金は自分達が出してもいいと言われ「頑張ったけど無理だったごめーん☆結婚式しよ?(要約)」と言ってきやがりました。

「じゃあ結婚できないね」「話が違う」「結婚式の話が出てからプロポーズするまでに数ヶ月あったんだから普通その間に両親に話をしておくものじゃないの?」等々、口論に次ぐ口論を行いましたが折り合いはつかず。

その間に先に決まっていた両親顔合わせの場で夫両親から「それで、結婚式はいつごろにしましょうか?」をやられ、私の敗北が決定。

目の前が真っ暗になったような気分でした。

私が結婚するに当たって一つだけ出した条件は、こんなに簡単に破られるんだなと。

 

それからしばらくは夫からの連絡を全て無視して「婚約破棄 慰謝料」で検索したり、結婚式をしなかった人の話をネットで読み漁ったり。

結納とかしてないしこのまま放っておいたらなかったことにならないかな~と淡い期待を抱いたり。

夫はこの間かなり参っていたそうですが、結婚式準備期間に胃潰瘍とストレス性の発疹を発症した私からすればもっと長期に渡って苦しめればよかったです。

少なくとも私は結婚式決定~当日まで半年以上苦しんだわけですから。

 

結局その後の話し合いで「最低限の結婚式」をやることになり、夫は「今後は出来る限り君の希望を尊重する」という名目で結婚式の準備の大半を私に押し付けました。

何回も何回も式場に呼び出され、したくもない結婚式の段取りをし、似合いもしないドレスを試着して自分の100倍可愛いプランナーからよくお似合いですよ~とお世辞を言われ、「ご両親へ感謝の手紙は読まれないんですか?!」と非難され、開き直ってバージンロードを父親と歩かない方法はないかとしつこく食い下がったら人でなし扱いを受けた。

親族のみ(合わせても40人程度)の式+食事会で当然披露宴やお色直しなし、余計な演出一切なしでも100万以上掛かった。

100万ものお金を使ってこんなに嫌な思いをしていると思うともうどうしようもない気持ちになり、それを夫に話すと「マリッジブルーもあるかもね」と。

徒労感で何も言えなくなりました。

100万あれば何ができるんだろう、100万稼ぐのに何日働くんだろう。仕事中もそういうことが頭に浮かんでずっと鬱々。

結婚式の段取りを夫に相談して「好きにしたらいいよ」と言われる度に「じゃあ結婚式やめる」と言いそうになりました。

後半はそんな気力もなくなってしまいましたが。

 

そして当日、ウェディングドレスにプロのメイクで私は光り輝くブスとなり、偶然見掛けた別の花嫁さんはもちろん、夫親族にも比べるまでもなく惨敗。

諸経費とは別に少しまとまったお金を渡してこれで一日黙っていろと言った毒親と一緒にバージンロードを歩き(腕は組まなかった)、その途中で舌打ちをされ、自分の惨めさに改めて泣きそうになる。

その後の食事会でも毒兄弟に余計な話をされて顔面蒼白でそいつを連れて途中退出するなど、最悪に最悪を塗り重ねていくような時間だった。

夫親族とのんきに談笑している夫を横目で思いっきり睨んでました。

会を長引かせないために司会をつけていたので食事会自体は二時間ほどで終わり、帰り際に夫両親や親族から多すぎるご祝儀を頂いて、ご祝儀はおろか(逆に払った)おめでとうとも言わない自分の親を改めて呪った。

この一日、本当に惨めなことづくしだった。

古い傷口を無理やり開いて粗塩をすり込まれるような時間でした。

 

で、控え室に戻って夫に言われたのが表題の「結婚式やってよかったでしょ?」

「着替えるからちょっと出てて」と言って夫を追い出し、私多分離婚するな、と思いながら一人で帰った。

式場のスタッフの方が近くにいたのでその場で余計な話はしたくなかったし。

 

この時点での私の敗因は結婚式より先に婚姻届を提出してしまっていたことです。

日にちにこだわりがあったのでそうなりましたが、結婚式が終わってから一緒に住む予定だったので、その時点で婚姻届がまだ手元にあれば私は独身のままだったかもしれません。

 

つらつらと恨みつらみを書きましたが、結婚式はお金以外に「どうしてもやりたくない」という決定的な理由がある人はやらなくていい(やらない方がいい)と思います。

特に毒親持ちの人は、「この日ぐらいはきっと親も普通にしていてくれるだろう」などという淡い期待は絶対に裏切られると思っておいた方がいいです。

「何事も起きなかったら奇跡」ぐらいの期待値で臨みましょう。

だって、今までもあらゆる場面で裏切られてきたのに結婚式だけは例外なんて、そんなことありえないんですよ。考えたらわかるでしょ?

 

 

夫とは結婚後一年ほどをかけて(結婚式を含め)色々な話をし、ひとまず和解しました。

夫は性善説を信じているのでは、と思ってしまうような善良な人で、私の親兄弟はその夫の想像を絶する存在でした。

 

私、どうしようもない時に笑ってしまう癖があります。

そういう話をしながら泣いてる夫を見て、この人といることで私も少しぐらいはいいものになれたらいいなぁとぼんやり考えました。